2021年08月04日

乳幼児の食事の原則とは

乳幼児の食事の原則とは


1.母親は偏食してはいけない。 母親の妊娠中の食事や母乳は、子どもの将来の食べ物を受け入れる傾向(あるいは子どもの味覚)に影響を与えると言われています。 特に母乳で育てている場合は、母親が偏食でないことが一番重要です。 もちろん、子供の成長に合わせて、良い食生活のお手本を示すことも大切です。


2.牛乳を毎日の習慣にする


子供の頃は骨の発達に重要な時期で、骨を丈夫に育てるためには1日にコップ2杯程度の牛乳が必要です。 2歳以降は、全乳の代わりに低脂肪乳を与えることができます。 Rich foods, rich flavors;


ほとんどの子どもは、固形物に触れることから始まります。 お子さまに補完食を導入する際には、お子さまが1つの食品を受け入れるまで待ってから次の食品を追加し、お子さまがいずれかの食品にアレルギーを持っていないかどうかを確認するという通常のルールに従う必要があります。 幼少期に多くの食品に触れることで、味や香り、食感が損なわれ、将来的な食の受容に有利になると考えられます打淚溝邊間好


4.甘い飲み物を控える


家の中で炭酸飲料を飲まない! カロリーを増やし、味覚を満足させるだけで、栄養価はありません。 また、フルーツジュースは栄養価が高いものの、糖分が多く含まれています。


親が自分で100%新鮮なフルーツジュースを子供に飲ませることができるわけです。 6歳未満のお子様には1日あたり110~170g、6歳以上のお子様には1日あたり340gの新鮮なフルーツジュースをお飲みください。 また、新鮮なフルーツジュースに水を加えることで、カロリーを抑えることができます。 喉の渇きを癒すのに最適な飲み物は、もちろん、普通の水です。


5.食べるものに気を配る


一日中食べている子供は、だんだんと本当の空腹感を感じられなくなっていきます。 1歳前後のお子さんは、1日3回の食事に加えて、3~4時間の間隔で2回の食事を追加してください。 この時期は、子どもの体の構造が活発に発達する時期なので、毎日、適切なタイミングで、適切な量(あるいは適量)を与えることが大切です改善黑眼圈


6.ストレスに強い


家庭内で健康的でグリーンな食生活を心がけていても、子どもたちにとってジャンクフードの誘惑はどこにでもあるものです。 まず、親戚や友人に自分たちの主義主張を説明し、子どもをおだてたり、子どもの前でおいしさを強調したりしないようにお願いしてみましょう。 さらに、食事をした後に他の子供たちと遊ぶようにしましょう。お腹がいっぱいになっている方が、誘惑に負けずに済むからです。 また、ジャンクフードを食べてはいけない理由を根気よく優しく教えてあげてください。 そのうちに、自分の食事の選択を判断したいという誘惑に負けないような潜在意識を身につけることができるのです。





精選文章:




怎么樣可以有效的去除黑眼圈?


如何消除黑眼圈呢?你應該做好這四件事


目の下のクマはどのようにしてできるのでしょうか?





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。