スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2021年03月16日

毎日のメイクにプレ化粧水を塗るだけでいいのですか? プレ・メイクアップ・クリームの正しい塗り方




日常的に化粧前の化粧水を塗るだけでいいのでしょうか?

最も重要なのは、メイクや肌をより素直にすることです。


毎日のメイクにプレ化粧水を塗るだけでいいのですか?


デイリーメイクアップは、プレメイクアップクリームだけでなく、プレメイクアップクリームをメイクアップとして使用することはできません。 また、プレ化粧品のクリームは直接使用してはいけません。 プレ化粧水を使う前には、基本的な水分補給とスキンケアを行う必要があります。 メイクアップの前には、肌を清潔にし、肌の表面の油分を取り除き、水分を含んだスキンケア製品を塗ってから、メイクアップを行いますOrogold價錢。 クレンジングがあってこそ、キメの整った肌を作ることができます。 クレンジングは適量を使い、手のひらで豊かな泡を作ります。 顔を洗った後、円を描くようにマッサージし、最後に水で洗い流します。 さわやかな水で肌を仕上げた後、美容液、化粧水、クリームで肌を保護します。 すべてのスキンケア製品が完全に吸収された後、プレメイクアップローションを少量ずつ肌の表面に塗布し、やさしくなじませます。 プレメイクアップローションは、肌のトーンを整え、肌を均一にし、肌のくすみを改善し、肌を明るくし、化粧と肌をよりよく結びつける。 プレ化粧水の使い方は、メイクアップツールでファンデーションを適量取り、肌の表面に均一に押し出すようにします。


化粧前の化粧水選びのテクニック。


1.混合肌、オイリー肌の方へ。


顔は油分を含みやすいので、油分を効果的にコントロールできなければ、時間をかけずにメイクアップ効果を得ることは困難です。このような肌タイプのMMがメイクアップ・プレミルクを選ぶ場合、まず油分のない処方を選ぶこと、特に明るい製品を選ばないことが大切です。 なぜかというと、顔は皮脂が出やすく、おでこやTゾーンはとても明るく見えるので、やはりパール系の製品を使うと皮脂が目立ってしまい、とても恥ずかしい思いをしますOrogold價錢


2.ノーマルでドライな肌。


普通肌や乾燥肌の男性は、肌に潤いを与える製品を選ぶ際に、テクスチャーではわかりにくいという悩みを抱えています。 ここでは、編集者だけが、滑らかなテクスチャーでデリケートなものを吸収する製品を選んでみるという選択を支持しています。 実際の製品では、肌への負担を軽減するための工夫がなされています。



相關推薦:


沒有化妝棉怎麼用化妝水?


オイリーな髪にはどんなヘアスタイルが適していますか?


用鹽洗臉有什麼好處


  


Posted by のぬね at 15:59Comments(0)

2016年06月10日

静寂のなかでし


なんか俳句の、
やってたから見てた。体調とか疲労とか地獄だと、もう本なんか殺したいくらい読みたくない。
あんな俳句の、
もし僕が出たら何点だろうか。散文でさえ嫌われている自分の韻文との接し方なんて考えたくもないな。
終わった俳句が、
あの四角い教室でのあれこれのなかで、何度書かされたかわからない不良品の文章どもめ、原稿用紙の血塗れたマスに閉じこめられた文字が
泥みたいに溜まるだろ。消しゴムを使うより鉛筆で塗り潰した方がはやい。
前はテレビを見ながら書くなんて考えられなかった。静寂のなかでしか言葉は生れないと思っていた。静かじゃないと集中できないから、いまは変な集中の仕方をしている。できるだけテレビのものは直接使わないように、それでいて雰囲気は寄せていこう。
少しだけ柔らかくなった。今日は何か体内のなか死体安置所みたいになってたよ。何を入れても汚い死体しか溜まらなかった。みんな骨に刺されて死んでいった。  


Posted by のぬね at 17:13Comments(0)accuracy

2015年12月10日

相伴に預かっても


ほら今月の小遣いだ無駄遣いするんじゃねえぞ、と毎月の決まり文句を言いながら小五郎から数千円を受け取った。
無駄遣いしてるのはどっちだというつっこみは内心に留めておく。
その代わりコナンはよい子の顔をして「はーい」と通る声で返事をした。

一応の立場上澳門自由行、毎月の小遣いは家主の小五郎からもらっている。
小五郎はコナンの「親」から預かった通帳からその金額を出している。
小学一年生からしたらやや高値の金額だったが、小五郎もそこについては何も言わなかった。
「親」からこの金額分を毎月渡してやってください、と言われてるからだ。

「今日は俺も仕事で蘭は合宿だからな、早目に帰るがあまりちょろちょろ遠いところまで行くんじゃないぞ」
「うんわかった」

多分今夜は行きつけのラー鑽石水メン屋で二人で醤油ラーメンでもすすることになるだろう。
コナンは娘によってアイロンのかけられたスーツを羽織り出ていく小五郎を見送る。

扉が閉まれば探偵事務所は静まり返る。
さて今日はどうしたものか。
そういえば図工の宿題があったと思いだす。
算数や国語と違い、図工は頭脳が高校生だったとしてもそれなりの時間がかかる。
昼まではそれをするかと決める。

家主と兼任の自室から画用紙とクーピーを持ち出し、事務所の机に広げる。
別に自室でやっても良かったのだが、コナンは何となくこの事務所が好きだった。
ヤニ臭さと多少の酒の匂いが残るのは頂けないが、仕事用の書類や資料が詰まれた大きなラックや、蘭が客用に用意してあるティーセットが並ぶ

食器棚に囲まれる小さな空間がコナンとって唯一無二の場所だった。

冷蔵庫からレモンを二つほど取って来て机に置く。
宿題は自分の好きな果物を描いてくること。
ちょうど紅茶用に蘭がレモンを常備していたということもあるし、元々レモンは好きな部類に入る。
描きやすいし。
後者の理由が一番大きいかと思われるが、コナンはちょこんとソファに座り膝に画板と画用紙を載せて大人しく描き始めた。
この姿になってから、当時は何とも思わなかった図工が割と好きになっていた。
加減も気にせず手がけても問題ないからだ。

遠くのほうで正午を報せるベルの音がする。
集中して画用紙に描き込んでいたコナンは顔を上げる。
もう一時間くらい経っていたかと背伸びをした。
期末試験と大会間近で多忙な蘭は朝ごはんは作ってくれたが、昼ごはんは冷蔵庫の残り物でお願いと言いながら慌てて今朝出て行った。
確か依頼人からもらった高級缶詰のおかずがあったはず。
小五郎が夜な夜なそれを肴に晩酌しているが、一つくらいご相伴に預かっても良いだろう。
小学生にしては渋い興味であるが舌の肥えた実質高校生のコナンは、こっそり気になっていた缶詰と白ご飯で昼食にしようと立ち上がった。
その時訪問を告げるチャイムが鳴る。
何となく嫌な予感がする。
そういう直感は割と当たるコナンは少し眉をひそめたが、居留守を装う理由も無く、恐る恐る扉を開けた。
開けた先に居た人物を見上げ、コナンは嗚呼やっぱり居留守にしておいたほうが良かったと後悔した。

  


Posted by のぬね at 12:41Comments(0)kisssi

2015年10月23日

まれているよう


結婚式の準備を進めている時期に、彼がそう言い出した。婚約指輪もない、手ぶらのプロポーズの後の発言だったので、塔子は純粋に喜びを感じた。彼だって、何も考えていないわけではないのだ。しかし、その後の彼の言葉に、塔子は失望した。
「式で、交換しないといけないだろ非那甾胺? ないと困るじゃん」
ないと、困るから。そりゃそうだ。確かに、式を挙げるつもりでいるのならば、指輪の交換は必須だ。仕方がないから、買いに行く。彼の言葉には、そういったニュアンスが含まれているように感じた。

ちょっとした、不満。ちょっとした、寂しさ。そういった感情を味わったが、塔子は気にしない事にした。自分と同じように結婚に対して、人との付き合い方に対して HKUE 呃人、世の中との関わり合いに対して、人生観に対して、全く同じテンションで気持ちを共有したいと思うのは愚かな事だ。そもそも、不可能なのだ。自分を、自分の気持ちをわかってほしいと思う事すら、そもそも贅沢な欲望なのだ。塔子は自分にそう言い聞かせ、彼の発言を受け流した。

婚約指輪はなかったけれど、結婚指輪を買うならば、それでいいじゃないか。婚約指輪と違って、結婚指輪ならば、いつも付けていられる。高い物は望めないけれど、毎日身に付ける物ならば、本当に気に入った物を選びたい。どこで買うのがいいのだろう東芝 冷氣機? 雑誌をパラパラめくってみると、そこには美しい指輪がたくさん載っている。彼も身に付けるのだから、二人が本当に気に入った物を選びたい。キラキラと輝くリングを見ているうちに、塔子の心も美しく、浄化されていくような気がした。ページをめくる度に、耳元でリン、とした清らかな鈴の音が聞こえるような気がした。まだ手に入ってはいないが、見ているだけで、塔子は心が満たされていくのを感じた。  


Posted by のぬね at 18:40Comments(0)accuracy

2015年08月28日

それは第一秘書


コーヒーのカップを口元に当てたまま、ジョンフンに向かってそう訊いた。
こんな言葉の選択。
少しばかり気弱になっている証拠だろうか。
しかし、ヨンファの言葉の裏に隠され康泰た意味に気がついたジョンフンは、クスっと笑った。
「うーん。たまには金髪の青い眼でぷっくり赤い唇・・・って上司の顔も拝みたいけどな」

ヨンファと、フニ。
コーヒーのおかげか、少しだけ心の緊張がほぐれたヨンファは、普段の口調でそう呼んだ。

ジョンフンがわざとそんな風に答えていることは十分承知の上。
ヨンファは大きな背もたれに背中を預け康泰領隊、イスをくるりと回転させる。
そうして、窓ガラスにうつったジョンフンに向かって大げさに言った。
「フニ?お前まだそんな女王様気取りの女、追いかけてんのか?」
今や、この社内でヨンファが唯一心を開くことができる時間。それは第一秘書のジョンフンの前だけだ。

「まだ、ってどういうことだよ」
「・・・・ふっ。昔っからそうだっただろ康泰旅遊?フニが選ぶ女はどこか高飛車で高圧的な、いわゆる女王様系。・・・Sっけのあるふりして、実のところMなフニ」
「バーーーカ。可愛いとか美人とか、そういうのはな、三日もすりゃ飽きるんだよ。それより、ワガママ言って俺を振り回すぐらいのほうが面白みあるだろうが」
「そういうものか?」
「そう。ヨンファにはまだ早いんだよ」
「・・・フン」

そう言いながら笑い合って、お互いコーヒーで意識を覚醒させる。
ジョンフンが買ってきた屋台のおでんとキンパッ(海苔巻き)は噂通りいい味だった。

  


Posted by のぬね at 11:34Comments(0)derirtoki

2015年06月24日

ていると思います


読者の皆様にお題を出してショートに仕上げる、「お題ショート」、おかげさまでたくさんの作品が出来上がりました。

現在9作品集まっています謝偉業醫生
記念すべき10作品目は、旧友エイチさんにお題を提供していただいて書く予定です。

全部出来上がりましたら、10作品のタイトルとリクエスト者を紹介いたします物業借貸

まだ読んでなかった方も一度読んだ方ももう一度是非読んでみてください。
それぞれがユニークな作品に出来あがっていると思います能恩

この企画、今回は一応これでお開きにさせていただきますが、またの機会にまたやるかもしれませんのでよろしくお願いいたします。
  


Posted by のぬね at 19:16Comments(0)kisssi

2015年05月14日

に最初に書いておく



本ブログにはFC2のアクセス解析がついていて、正直、それほど大した解析ができるわけではないが、時折参考のために見ている。

 アクセスログやリンク元、検索エンジンなどもわかるが、主に参考にしているのは検索ワードで、何を調べにこのサイトにやってきたのかがわかる。
 もっとも、FC2のアクセス解析には解析漏れがあるようで若干信頼性に欠けるところがあるが、企業のホームページではないので、個人ブログとしてはこれで十分なのである。

 最近になって気付いたのだが、果物のセミノールまたはサンクイーンを調べに来られる方が結構いらっしゃる。
 セミノールとサンクイーンについては12/05/16「”サンクイーン”またの名を”セミノール”で、マーマレード」に書いたことがある。
 誤解のないように最初に書いておくと、セミノールとサンクイーンは同じものである。

 セミノールはミカン科ミカン属の果物の品種名で、グレープフルーツの初期品種ダンカングレープフルーツとダンシータンゼリンというアメリカで改良されたタンゼリンを交配したもの。
 タンゼリンはいわゆるミカンと呼ばれているマンダリンオレンジのことで、橙色の濃いものをタンゼリンまたはタンジェリンと呼んでいる。
 
 サンクイーンは大分県産に使用營養師されているセミノールの商標名。
 八百屋には、サンクイーンもセミノールも売られていて別物と思われているが、同じもの。
 2011年の統計では、大分県のセミノールの収穫量は全国2位で、1位が和歌山県、3位が三重県で、この3県で全体の90%以上を占めている。

 最近はいろいろな名前の柑橘類を目にするようになったが、セミノールにしてもサンクイーンにしてもそれほど馴染みのある果物ではない。
 温州みかんに似ているが、オレンジのように色が濃い。
 いったいどんな果物なのだろうと思ってネット検索されているのだと思うが、検索ワードからは、食べ方がわからないというのも窺える。

 実際、温州ミカンのように皮をむいて食べようとすると、皮離れが悪くて、瓤嚢(じょうのう)と呼ばれる中の房が潰れてしまう。
 しかし、本ブログの記事にはマーマレードの作り方は書いてあるが、生食については書いてない。
 これでは調べに来られた方に德善健康管理申し訳ないと思い、今回の記事を書くことになったのである。
 それにしてもなんて長い前置きだ・・・水平に1/2にカットする
さらに櫛切りにカットして1/8に
横から見ると、スマイル!

 生食の食べ方はオレンジと同じ。カットの仕方はわかりやすいように写真で解説した。
 ところで、この切り方をスマイルカットというんだそうだ。
 いわゆる櫛切りなのだが、笑った顔の口の形に似ているからという。

 スマイル!
 今は地方選の真っ最中だが、そういえば国政選挙によく立候補される、スマイル党のマック赤坂さんを思い出した。

 セミノールは多少酸っぱいが、生で食べても美味しい柑橘類で、今回買ってきたセミノールは半分をジャムに、半分を生食した。
 マーマレードのレシピは写真に撮更年期って、下記のホームページに載せた。  


Posted by のぬね at 11:26Comments(0)accuracy

2014年12月29日

考えてみたら





たぶん、落ち着いて休めるのは、今日だけかもしれない。

9時前に起床。薬の服用、新聞。メールの巡回。

明日以降の行動準備もしておく。明日は出勤するが、たぶん、片付けや掃除、ゴミ出しで終わるだろう。明日中にしておかなければならないことを、リストにしておく。明日Pretty Renew 黑店が仕事納め。

ビデオ予約の整理。毎週録画予約している番組は、ほとんど停止。年末年始の特番をチェックして、録画予約する。

絶対見たい番組があるわけではないが、とりあえず録画しておけば、見なくていいと思ったら消せばいい。

昼寝しても良かったが、なんとなく気分が落ち着かなくて、本の整理をしたり、冷蔵庫の中身の確認をしたり。賞味期限が切れそうな物は、明日くらいまでに処分しな保濕針いと。

慌ただしい年末になりそうで、それでもよくよく考えてみたら、来週の日曜日は、年明け初出勤の支度をしなきゃいけなくて、だから1週間足らずで、年末にしなきゃいけないことをして、新年を迎えて、決まり事をこなして、初出勤する。会社は休みだけど、バタバタして、ちっとも休んだ気にならない。

明日が休暇だと楽なのだろうけど。風邪で休んでしまったから、仕事台北機票が片付いてないんだよなあ。困った。。。。
  


Posted by のぬね at 15:10Comments(0)accuracy

2014年10月15日

勝手に思ってし


そんな朝になってしまいましたねぇ~
夏も短かったけど、秋も短くなるんでしょうか?
なんせ、着るものが困ります。
夏物だと寒いし、冬物だと暑い、、、
体調も一定に保つのは、一工夫がいりそうです。
このまま、冬になってしまうんでしょうか?

ところで、フィギアの高橋君!引退ですかぁ~
世界一のステップと日本初のつくタイトルを複数持っているのが彼です。
まだまだやれそうな感じはしますが、ケガもありましたしねぇ~
最後に入賞もできたし、残念ではありますがいい感じの引退かもしれませんよねぇ♪

会見で!今、欲しいもには?と聞かれたら・・・

”夢”って言っていました。
目標ということらしいですけど!
意外な答えだったので驚きました。
彼だったら、プロでも指導者でも。。。って、勝手に思ってしまっていたんです。

これからフィギアスケートは、ますます盛り上がるでしょうし・・・
今後も彼の活躍が重要になって来るでしょうねぇ~
新たな高橋君に期待したいと思います。

さて!こちらも・・・新たな活躍とぉ~
お持込で、お預かりいたしましたのがこんな修理です。

ハタケヤマの硬式キャッチャーミットですけど・・・
息子さんに頼まれてお母さんが持ってきてくれました。
よくみていなかったとおっしゃっていましたが!
ここから見る限りでは、ウエブとウエブ下と紐交換くらいで済みそうですよねぇ~

裏返すと!
捕球面が崩壊しちょりました。
破れもそうですが、かなり広範囲の皮が薄くなっています。

土手にかなりボールが当たっているので、左端のウエブ下にボールが集中するんですよねぇ~
こうなりますと、あらかた予想される修理項目が加算されます。
コレは、順をおってお話したいと思います。
  


Posted by のぬね at 17:36Comments(0)derirtoki

2014年08月25日

つまり歌の全て


三線を弾いていた女の子も、チューニングにはあまり頓着していない様子でした。
でもふと、それで良いのだと思いました。音は物理的な空気の震えに過ぎませんが、
その震えの周期の些細な違いってのはどうでもいいことのように思いました。
三線と唄は同じ旋律をただユニゾンで奏でるだけのとてもプリミティブなものなんだけど、
そういう取り合わせではかえって魅力的にさえ思えてくるのかも。
僕は沖縄に行ったこともないくせにその子の話し振りやおかしなチューニングの魅力
やら何やらのせいでかえって想像がかき立てられることになりましたから、良いのです。

リコーダーで思い出しました。あまちゃんというNHKの人気ドラマがありましたが、
その音楽を担当した大友良英氏のバンドの方が、NHKでのレコーディングという
大舞台に際して立派なリコーダーを購入したのですが、そのサウンドを聴いた大友氏が
使用を却下したので日の目を見なかったというエピソードです。結局、そこらの
文房具屋で買えそうな小学校の音楽の授業で使うチープなもので臨んだということでした。
TVドラマというマジョリティをターゲットにした場合、リコーダーの原風景にそういった
高級感などは必要ないという判断でしょう。当然といえば当然なのですが、大友氏も
そういった(ベタな)部分はちゃんと抑えているのにニヤけちゃいました

先ほど、プリミティブという言葉を遣いましたが、日本語に訳すと原始的
となりましょう。日本で最古の歌は上代の万葉集ということになりますが、ほこら穴で
乞食を営んだ僧侶の民謡然り、米国ミシシッピの奴隷社会で生まれたデルタブルース然り、
様々な場所で生まれた様々なスタイルの音楽、つまり歌の全ては人間の日々の生活の
喜怒哀楽や信仰心に起因していると思います。そうあるべきものだとさえ思うのですけど、
今在る音楽に毒されていると、つうかそれにさえ気付かないでいると大切な何かを
見失ってしまっているのかも知れないなぁと思いました。
生活に根ざしたものはあまりハイカラに艶つけて着飾ってしまうとかえってうさん臭い
ものです。ホント普段着のままに気どらない音楽があるとしたら、それはきっとチューニング
や音色がどうのこうのといったことからも解放されたものかも知れないなぁ、と
僕は思うワケですが。

ちょっと無理やりまとめにかかって何が言いたいのかわからなくなりつつありますが、
これ以上伸ばすともう数ヶ月は沖縄そばの画像を使わなくてはならないので、
もうお開きにしましょう。おわり。

ごちそうさま。じゃあね。  


Posted by のぬね at 13:26Comments(0)ximeiri